iPhoneの紛失モードとは?意味・手順・注意点を完全ガイド

紛失モード中のiPhoneの画面

iこんにちは!さがろぐです。

もう何度かオンにしてみましたか?これから初めてですか?

何が起こるか設定・解除のやり方など、本記事では以下の内容で「iPhoneの紛失モード」を完全ガイドします。

オンにしても何かが消えることはないので、どんな機能なのかわかったらぜひ試してみてくださいね!

さがにゃん
さがにゃん

失くしたときのためにぜひ覚えておこう!

ろぐにゃん
ろぐにゃん

パソコンや友達のスマホからできるよ。

iPhoneの紛失モードとは?何が起こるの?

はじめに、意味をハッキリさせておきましょう。

以下の順番で「紛失モードとは何か?」と「オンにするとどうなるのか?」を紹介しますね!

iPhoneの紛失モードとは?

まず、どういう機能なのか明らかにしましょう。

iPhoneの紛失モードとは、ひとことで表せば「悪用されるのを防ぐ状態」です。

もし使っている途中のiPhoneを落とすと、誰かに勝手に使われてしまう可能性がありますよね?

2台のiPhone
iPhone

それを防止するための機能が紛失モードです。

iPhoneだけでなくiPad・MacやAirTagなどにもあるんですよ。

紛失モードをオンにしたら何が起こるかは次の章で詳しく紹介していきますね。

さがにゃん
さがにゃん

もちろん失くしたiPhoneがなくてもオンにできるよ!

↑もくじに戻る

iPhoneを紛失モードにするとどうなる?

ざっくりとした意味がわかったところで、もう少し具体的に見てみましょう。

iPhoneを紛失モードにするとどうなるのでしょうか?

主に以下の2つのことが起こりますよ!

iPhoneを紛失モードにするとどうなる?
  • 効果1:そのiPhoneをロック(Apple Payも無効になる)
  • 効果2:画面に連絡先・メッセージを表示できる
紛失モード設定を始める画面
紛失モード設定を始める画面

もっとも大事な役割はiPhoneのロックです。

ロックがかかるのでパスワードを入れないと解除できない状態になります。

モバイルSuicaなどApple Payの支払い機能も無効になりますよ

さらに、画面に連絡先・メッセージを表示も可能です。

紛失モード中のiPhoneの画面
紛失モード中のiPhoneの画面

紛失モードをオンにするときに好きな連絡先・メッセージを入力できます。

設定すると、紛失モードにしたiPhoneの画面にそれらが表示される仕組みですよ。

基本的にはこれら2つのメリットがあると思えばokです!

ろぐにゃん
ろぐにゃん

パスワードはそのiPhoneに登録済みのやつだよ。

↑もくじに戻る

どこから?iPhoneを紛失モードにするやり方

紛失モードとは何かがわかったところで、実際にやってみましょう。

どこから設定するかと言うと、ずばりAppleの「探す」ネットワークです。

具体的には以下のどちらかの方法でアクセスしますよ。

「探す」ネットワークを利用する方法
  • 方法1:自分のMacかiPadで「探す」アプリを開く
  • 方法2:スマホ・PCなどでブラウザからicloud.comを開いてログイン
iCloud.comで開いた「探す」ネットワーク(Android)
iCloud.comで開いた「探す」ネットワーク(Android)

いずれも紛失したiPhoneに設定しているApple IDでログインする必要がありますよ。

スマホはAndroidでも大丈夫だし、ブラウザもSafariでもGoogle Chromeでも何でもokです!

「探す」アプリかicloud.comを開いたら「デバイスを探す」のところを開いてください。

その中から紛失モードにしたいiPhoneを選択します。

紛失モードにしたいiPhoneを選択
紛失モードにしたいiPhoneを選択

「探す」アプリからの場合は地図上にそのiPhoneが表示されるので「i」マークを押してくださいね。

すると紛失したiPhoneについてのメニューになります。

その中にある「紛失モード」をタップしましょう。

「紛失モード」
「紛失モード」

すると紛失モードをオンにするかどうか聞かれるのでYesで答えて続けてください。

進めるとステップ1として連絡先の電話番号の入力、ステップ2としてメッセージの入力となります。

電話番号は紛失したiPhoneの番号ではなく、連絡してほしい番号を入れてくださいね。

連絡先・メッセージはスキップもできますが、入れておいた方が戻って来やすいでしょう。

連絡先・メッセージ
左:連絡先の入力,右:メッセージの入力

さぁ、いよいよ紛失モードをオンにしますよ。

連絡先・メッセージの入力を経て「完了」を押すとオンになります。

紛失モードにしたiPhoneには鍵のマークが付きます。

鍵のマーク
鍵のマーク

かんたんですね。

これで失くしたiPhoneにはロックがかかったので、他の人に勝手に使われる心配はありませんよ。

いったん紛失モードにしても、もちろん解除もいつでもokです。

解除の仕方は次の章で紹介しますね。

さがにゃん
さがにゃん

設定も解除も、友達のスマホを借りてすぐできる!

↑もくじに戻る

方法は2つ!iPhoneの紛失モードを解除の仕方

設定の仕方がわかったところで、解除のやり方も見ておきましょう。

iPhoneの紛失モードを解除する方法は2つあります。

以下のどちらかの方法でオフにできますよ!

iPhoneの紛失モードの解除方法
  • 方法1:そのiPhoneにパスワードを入力してログイン
  • 方法2:「探す」ネットワークから解除ボタンを押す
パスワードを入力
パスワードを入力

1つはシンプルに「そのiPhoneにパスワードを入力してログイン」です。

無事に手元に戻ったなら、パスワードを入れてロック解除すれば紛失モードも解除となります。

もう1つは「探す」ネットワークから解除ボタンを押す方法です。

「探す」ネットワークから解除ボタン
「探す」ネットワークから解除ボタン

まずは設定した手順と同じように進めてください。

そのiPhoneの「紛失モード」のところをタップするとメニューが出てきます。

その中にある「紛失モードをオフにする」を押しましょう。

紛失モードをオフにする
「紛失モードをオフにする」

すると本当に紛失モードを停止するか聞かれるので「紛失モードを停止」を押せば解除となります。

かんたんですね。

これら2つのどちらかの方法で紛失モードは解除しましょう。

なお解除後にApple Payも自動的に有効化しますが、Apple IDの入力を求められる場合がありますよ。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

Apple IDはメアドとパスワードだよ。

↑もくじに戻る

紛失モードを解除できない場合は?強制解除できるの?

解除のやり方がわかったところで、解除できない場合も見ておきましょう。

まず、そのiPhoneでやろうとしているなら他の端末で「探す」ネットワークから解除するのがもっともおすすめです。

iCloud.comにログインさえできれば解除できるはずですので。

iCloud.comで解除
iCloud.comで解除

そのiPhoneでパスコードを入れて解除したい場合はいったん再起動してみるのが効果的ですよ。

どうしてもダメなら市販のPC用ソフトでパスワード解除という強制解除の方法もあります。

例えば以下のツールが有名です。

iPhoneのパスワード解除ができるソフト
  • EaseUS MobiUnlock
  • FoneLab iOS Unlock
  • PassFab iPhone Unlock

ただし基本的にパスワード解除の操作にはiPhoneの初期化、つまりデータ削除が伴います。

それを覚悟の上で行うことになりますよ。

強制解除を試す前に、もしApple Storeに行けるなら予約して相談してみるのもおすすめです!

さがにゃん
さがにゃん

強制解除は最終手段。

↑もくじに戻る

iPhoneがオフライン状態だと紛失モードはどうなる?

解除できない場合についてわかったところで、オフライン状態について見てみましょう。

落としたiPhoneがスマホ回線にもWiFiにもつながっていない状況ですね。

そのときに紛失モードにすると、ずばり以下のようになりますよ!

オフライン中に紛失モードにすると?

オンラインになるまで紛失モードにはならない。

「探す」ネットワーク上では保留中の表示になる。

保留中(mac)
保留中(mac)

失くしたiPhoneはネット接続を通じて紛失モードに切り替わる仕組みです。

だからオンライン状態になるまでは紛失としてマークされずに保留中となり、紛失モードにはならないですよ。

その場合は他のApple製品ユーザーとのBluetooth通信が頼りです。

実は他のiPhone・iPad・MacがそのiPhoneのBluetooth圏内に入ると自動的に位置情報を「探す」ネットワークにアップしてくれる仕組みになっているので、現在の位置がわかるんですよ!

通信は暗号化されているのでお互い相手はわからないし、Appleさえも個々の端末は特定できないと説明されていますよ。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

iPhoneの「探す」ネットワーク設定はオンにしておこうね。

紛失モード保留中の説明 保留中って?iPhoneの紛失モードの保留中の意味・解除方法

↑もくじに戻る

iPhoneの紛失モードについてのよくある疑問

あとはQ&Aです。

iPhoneの紛失モードについてのよくある疑問にお答えしますね。

以下の順番でどしどし紹介していきます!

位置情報をオフにしていたら?

まず、位置情報をオフにしていた場合についてです。

iPhoneの位置情報の機能をオフにした状態で落としてしまった場合ですね。

その場合も・・・問題ありません。

なぜなら紛失モードにするとそのiPhoneの位置情報サービスは必ずオンになるからです!

位置情報がオンになる説明
位置情報がオンになる説明

公式にそう説明されているんですよ。

僕が実験してみたら、たしかにオンになりました。

iPhoneがオンライン状況にあれば、ちゃんと「探す」ネットワークの地図上に位置が表示されますよ。

さがにゃん
さがにゃん

ありがたい心遣い。

↑もくじに戻る

アラームを設定していたら鳴っちゃう?

お次はアラームについです。

アラームを設定したままiPhoneを失くしてしまった場合ですね。

その場合は紛失モードにするとアラームは鳴らないようになっていますよ。

iPhoneのロック画面
紛失モード中(連絡先・メッセージの入力なしの場合)

これ、地味に心配ですものね(笑)

iPhoneを落としてしまったらすぐに紛失モードにしましょう。

そうすればどこかで爆音でアラームが鳴り響いてしまうような事態は避けられますので!

ろぐにゃん
ろぐにゃん

鳴ったら見つけてもらえるかもって考えもあるっちゃある。

↑もくじに戻る

電話したらどうなる?

続いては電話について見てみましょう。

紛失モードになっているiPhoneに電話したらかかるのでしょうか?

それについては、僕が試したところ以下のようになりましたよ。

紛失モード中のiPhoneに電話するとどうなる?
  • 電話・・・かからない
  • LINE通話・・・かかる!
LINE通話が着信中
LINE通話が着信中

ふつうに電話をかけてもすぐに発信が切れてしまいました。

でも、なんとLINE通話はかかったんです!

ふつうに紛失モード中のiPhoneに着信の画面が出て、通話に出られました。

1つの実験結果として参考にしてください。

さがにゃん
さがにゃん

Apple公式には電話の説明は何もないよ。

↑もくじに戻る

メッセージやアプリからの通知はロック画面に出るの?

あとはロック画面への通知表示についてです。

例えばDMで来たメッセージやアプリからのお知らせ通知などですね。

それらはロック画面に出るのかと言うと・・・答えは「No」。

紛失モード中のiPhoneのロック画面には通知は何も出ないです。

紛失モード中のiPhoneのロック画面
紛失モード中(連絡先・メッセージの入力ありの場合)

僕が別のスマホからDMなどを送りまくって実証してみたので、間違いないでしょう。

落としたiPhoneを拾ってくれた人に通知を見られちゃう心配はないですよ。

なお、紛失モード中はロック画面を上や下にスワイプしてメニューなどの表示もできません。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

見られるのなんか恥ずかしいもんね。

↑もくじに戻る

まとめ

さいごに、今回の「iPhoneの紛失モード」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • 効果1:そのiPhoneをロック(Apple Payも無効になる)
  • 効果2:画面に連絡先・メッセージを表示できる
  • 「探す」ネットワークからオン・オフにできる
  • PC・タブレットやAndroidスマホからも設定ok!

ロックしないと、変な人に拾われたら悪用されちゃいますからね。

もしiPhoneを落としたら必ず紛失モードにしましょう!

さがにゃん
さがにゃん

1度は試しにオンにしてみるといいよ。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

家族や友達のスマホを借りてやってみて!


↑もくじに戻る