この3つをチェック!AirTagをリセットできない原因

AirTag

こんにちは!さがろぐです。

リセットできないと「え、なんで!?」ってなりますよね(涙)

主に手順を間違えている電池に問題ありのはずです。

よくある原因と対処法をよ〜く知っておきましょう!

本記事では、以下の内容で「AirTagをリセットできない場合」について具体的に紹介しますね。

さがにゃん
さがにゃん

意外とミスるからね。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

丁寧にチェック!

AirTagをリセットできない3つの原因

さっそく見ていきましょう。

AirTagをリセットできない場合の原因は主に以下の3つがあります。

それぞれ順番に紹介していきますね!

回数を間違えている

まずは「回数を間違えている」です。

あらためてAirTagのリセット方法を確かめておきましょう。

手順は以下のようになっています。

AirTagのリセット方法
  • 電池を外す
  • 電池を入れ直す
  • 音が鳴るまで電池を押し下げる
  • 上記1〜3をあと4回繰り返す
AirTag

つまり同じことを5回やるということです。

これを1回だけしかしていなかったり、3回や4回で止めていませんか?

きっかり5回やらないとリセットはされません。

何回目までやったということをしっかり数えてやってみてくださいね。

さがにゃん
さがにゃん

5回目は違う音が鳴るよ。

押し下げていない

お次は「押し下げていない」です。

AirTagのフタを開けた後に「電池を外す > 入れる」だけになっていませんか?

そうではなく、入れ直したら押し下げる行為が必要です。

AirTagに入れた電池
この状態で電池を押し下げる

音が鳴るまで電池を押し下げてください。

「電池を外す > 入れる > 音が鳴るまで押し下げる」を5回繰り返すことでリセットとなりますので。

忘れがちなポイントなので気をつけてくださいね!

ろぐにゃん
ろぐにゃん

私も忘れた経験あり(涙)

AirTagを両手の親指で押す これで初期化ok!AirTagをリセットする方法

電池切れ・電池が不良品

あとは「電池切れ・電池が不良品」です。

つまりAirTagではなく電池に問題がある場合ですね。

もちろん電池が正常でないとリセットは実行できません。

AirTagとボタン電池
ボタン電池

バッテリー切れの場合もあるし、たまに最初から不良品な電池もありますからね。

ぜひ別の電池に交換して試して見てください。

有名メーカーの新品電池でやってみるのがベストですよ。

さがにゃん
さがにゃん

型番はCR2032だよ。

AirTagの蓋を開けたところ 道具は不要!AirTagの電池交換のやり方・コツと2つの注意点

↑もくじに戻る

iPhoneやiPadが原因でリセットできない可能性は?

主な原因がわかったところで、iPhoneやiPadについても触れておきますね。

AirTag本体ではなくiPhoneやiPadが原因の場合もあるのでしょうか?

それについては答えは「No」。

iPhoneやiPadが原因ということはないです。

AirTagとiPhone
AirTagとiPhone

AirTag本体の物理リセットはAirTag本体だけで完結する作業です。

リセットのときにiPhoneやiPadが電源オフでもまったく構わないですからね。

リセットできないときは完全にAirTag本体の問題ですよ!

ろぐにゃん
ろぐにゃん

電波の悪い場所でもぜんぜんok。

↑もくじに戻る

まとめ

さいごに、今回ご紹介した「AirTagをリセットできない主な原因」をまとめて並べておきますね。

基本的にこの3パターンのどれかのはずです。

ぜひ1つ1つチェックして試してみてくださいね!

さがにゃん
さがにゃん

ゆっくり丁寧にやろう。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

音もしっかり聴きながら!

↑もくじに戻る