違いはここ!AirTagとTile Proはどっちがいいか徹底比較

AirTagとTile Pro(黒)

こんにちは!さがろぐです。

AirTagとTile Proならどっちがいいか・・・悩みますよね。

本記事では、どちらも愛用している私が実際のところを徹底的に比較します。

サイズなどの違いから利用環境・機能・価格の違いまで、以下の内容で具体的にどんどん紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

さがにゃん
さがにゃん

音量はけっこう違うよ。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

離れたら通知の機能も!

本体の物理的な違いでAirTagとTile Proを比較

はじめに、サイズ・重さ・電池交換など本体そのものの物理的な違いから比較していきましょう。

以下の順番でどんどん紹介していきますね!

なお、特に説明がない限りはTile Proは旧式ではなく最新モデルの2022年版を対象にしています。

カギやカバンへの付け方

まずはカギやカバンへの付け方です。

言い換えれば「本体に穴が空いているか」ですね。

それについては以下のようになっていますよ。

AirTagとTile Proの穴のある・なし
  • AirTag・・・ない
  • Tile Pro・・・ある
穴
Tile Pro(2022年版)

AirTag本体には穴が空いていません。

だからカギやカバンに付けるには、本体をスポッと覆うアクセサリーを別で買わなければいけないです。

それに対してTile Pro本体には穴が空いています。

だから紐やリングを直接通してカギやカバンに付けることができますよ。

さがにゃん
さがにゃん

直接通せるのは楽ちん。

↑もくじに戻る

サイズ・重さ

お次はサイズ・重さを比べてみましょう。

AirTagとTile Proそれぞれの数値は以下のようになっています。

重さは電池を入れた状態ですよ。

AirTagのサイズ・重さ
  • 直径・・・31.9mm
  • 厚み・・・8.00mm
  • 重さ・・・11g
Tile Proのサイズ・重さ
  • 縦・・・59mm
  • 横・・・34mm
  • 厚さ・・・7.7mm
  • 重さ・・・17g
AirTagとTile Pro

サイズはAirTagの方が少し大きく、重さはTile Proの方が少し重いですね。

まぁ、でも実際には私の体感ではたいして変わらないかなという感じです。

見た目のデザインも人それぞれの好みというところですね。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

形はAirTagが丸くてTile Proが四角。

↑もくじに戻る

電池交換

続いては電池交換についてです。

自分で電池は交換できるのでしょうか?

それについては以下のようになっていますよ。

AirTagとTile Proの電池交換について
  • AirTag・・・電池交換できる
  • Tile Pro・・・電池交換できる
木のテーブルに置いたAirTagと蓋
電池交換(AirTag)

そう、どちらも電池交換okなんです!

蓋をパカっと開ければボタン電池が見えていますよ。

どちらも対応電池の型番はCR2032です。

さがにゃん
さがにゃん

コンビニでも買えるよ。

↑もくじに戻る

使う環境の違いでエアタグとタイルプロを比較

お次は対応機種・アカウント・アプリなど利用環境の違いで比較してみましょう。

以下の順番で紹介していきますね!

iPhone・Android対応

まずはiPhone・Android対応です。

つまりどのスマホで使えるかですね。

AirTagとTile Proそれぞれ以下のようになっていますよ。

iPhone・Androidスマホへの対応
  • AirTag・・・iPhoneのみ
  • Tile Pro・・・iPhoneもAndroidも可
AirTagの外箱の裏面
AirTagの箱に書いてある説明

そう、AirTagはiPhoneかiPadでしかダメなんです!

言い換えればAndroidスマホではAirTagは使えないんですよ。

くれぐれも間違えないように気をつけてくださいね。

Tile ProはスマホがAndroidでもiPhoneでもokです。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

AirTag利用はApple製品のみ。

↑もくじに戻る

アカウント作成・登録

お次はアカウント作成・登録について見てみましょう。

利用するならアカウントを作らなければいけないのでしょうか?

それについては以下のようになっていますよ。

アカウント作成・登録について
  • AirTag・・・作る必要はない
  • Tile Pro・・・Tileアカウントが必要
iPhoneにログイン済みのApple ID
iPhoneにログイン済みのApple ID

まず、AirTagはApple IDと紐つけして利用する仕組みです。

つまりふつうにiPhoneを使っているなら必ずApple IDを持っているので、特にアカウントを新規作成する必要はありません。

それに対してTile ProはTileアカウントが必要です。

Tileアカウント
Tileアカウント

もしTileアカウントを持っていないなら、まずTileアカウントの作成が必要となります。

Tileアカウントはメールアドレスとパスワードで構成されますよ。

自分のTileアカウントにTile Pro本体を連携させることで使えるようになるという仕組みです。

さがにゃん
さがにゃん

電話番号はどちらも不要だよ。

↑もくじに戻る

アプリの必要性

続いてはアプリの必要性です。

登録や利用のために何かアプリは入れなければいけないのでしょうか?

それについてはAirTagとTile Proそれぞれ以下のようになっていますよ。

AirTagとTile Proでそれぞれ必要なアプリ
  • AirTag・・・最初から入っている「探す」アプリを利用
  • Tile Pro・・・専用のTileアプリを入れる必要あり
「持ち物を探す」から開いた登録済みAirTagについての画面
「探す」アプリ

まず、AirTagは「探す」アプリを通じて利用します。

iPhone・iPadやMacに最初から入っているアプリなので、わざわざ入れる必要はありません。

それに対して、Tile Proは専用のTileアプリを入れる必要があります。

1つのアプリに2つのTileを連携
Tileアプリ

Tile Proを含めて、TileシリーズはTileアプリを通じて利用するものなんですよ。

使い始める前に必ずダウンロードしましょう。

もちろんアプリそのものは入れるのも使うのも無料ですよ。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

TileアプリはiPhone版もAndroid版もある。

↑もくじに戻る

機能と価格の違いでAirTagとTile proを比較

あとは機能と価格の違いでAirTagとTile proを比較してみましょう。

以下の順番でどんどん紹介していきますね!

接続距離

まずは接続距離です。

これは言い換えればBluetoothで通信できる距離のことですよ。

公式に以下のように発表されています。

AirTagとTile proの接続距離
  • AirTag・・・非公開
  • Tile Pro・・・約120m(他は75m)
約120m
Tile Proの最大接続距離

AirTagは残念ながら最大接続距離を公開していません。

しかし一般的に約10mと言われており、私もそれくらいだと実感していますよ。

それに対してTile Proは約120mです。

他のTileシリーズは約75mなので、かなり長距離に対応する仕様となっています。

ただし実際の最大接続距離はスマホの性能などに大きく左右されますよ。

さがにゃん
さがにゃん

あと障害物の影響も大きい。

↑もくじに戻る

探せる範囲

お次は探せる範囲です。

もしお出かけ先でAirTagやTile Proをポトっと落としてしまったとしますね。

その場合、他の人に協力してもらって探せるんです!

それぞれ条件は以下のようになっていますよ。

AirTagとTile proの他の端末に協力してもらう条件
  • AirTag・・・iPhone・iPadなどApple製品が近くを通る
  • Tile pro・・・Tileアプリを起動中の端末が近くを通る
AirTagとTile Pro(黒)

どちらも近くを通った誰かの端末に暗号化されたデータをBluetoothで送り、位置情報をネットに上げてもらう仕組みです。

AirTagは電源がオンになっているiPhoneやiPadが近くを通ればokです。

それに対してTile proはTileアプリを起動中のスマホやタブレットが近くを通らないといけません。

その点は全iPhone・iPadユーザーが対象でアプリも起動していなくてもよいAirTagの方が有利と言えますね。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

日本はiPhoneユーザー多いからね。

↑もくじに戻る

離れたら通知

続いては「離れたら通知」です。

いわゆるスマートアラームという機能ですね。

タグ本体とスマホが離れたらスマホに通知してくれるかについては以下のようになっています。

離れたら通知の機能について
  • AirTag・・・無料の標準機能
  • Tile Pro・・・有料のオプション機能
Tile Premium
Tileの有料のオプションの紹介

AirTagは無料の標準機能として付いています。

それに対してTile Proを含むTileシリーズは有料です。

有料プラン「Tileプレミアム」の会員になることで可能な機能となっていますよ。

さがにゃん
さがにゃん

月額360円。

↑もくじに戻る

スマホを鳴らす

どんどん行きましょう。

お次は「スマホを鳴らす」です。

タグ本体からスマホを鳴らせるかについては以下のようになっています。

タグ本体からスマホを鳴らせるか?
  • AirTag・・・鳴らせない
  • Tile Pro・・・鳴らせる
ボタン(Tile Pro)
ボタン(Tile Pro)

残念ながらAirTagからはスマホを鳴らすことはできません。

それに対してTile Proは可能です。

本体の中央にど〜んとボタンがあるので、それを押すとスマホが鳴りますよ!

ろぐにゃん
ろぐにゃん

Bluetoothが届く範囲でね。

↑もくじに戻る

音量・メロディ

お次は音量・メロディについて見てみましょう。

スマホからAirTagやTile Proを鳴らした場合ですね。

それについては以下のようになっています。

AirTagとTile Proの音量・メロディについて
  • AirTag・・・音量もメロディも変更できない
  • Tile pro・・・音量もメロディも変更できる
ボリュームの項目
ボリュームの項目(Tile)

残念ですがAirTagは音量もメロディも変更できません。

それに対してTile Proを含むTileシリーズは音量もメロディも変更できます。

しかもTile ProはTileシリーズの中で最大の音量となっているんですよ!

Tile Proの音量に比べると、AirTagはささやかな音量でピピッ・ピピッと鳴るだけという感じです。

さがにゃん
さがにゃん

メロディ変えれるのは地味にうれしい。

↑もくじに戻る

価格

AirTagとTile proはどっちがいいかの比較も最後になりました。

ラストはお値段を見ておきましょう。

ずばり公式価格は以下のようになっていますよ。

AirTagとTile proの価格
  • AirTag・・・4,980円
  • Tile Pro・・・5,780円
AirTagとTile Pro(黒)

どちらも公式ストアで1個入りを割引なしで買った場合の税込のお値段です。

ちなみにどちらも実際はもっと安く買うことが可能ですよ。

セールやポイント還元を抜きに安定して安く買える方法を別記事で紹介しているので、そちらも参考にしてみてくださいね。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

数百円〜千円くらい安く買えるよ!

AirTagが3998円(楽天市場) 最安で購入したい!AirTagマニアが安く買う方法を解説 Tile Proの価格(Amazon) 最安で購入したい!Tile Proを安く買う方法をタイルマニアが解説

↑もくじに戻る

まとめ

ここまで読んでくださり本当にありがとうございます。

さいごに、「ここを重視するならこっち!」というポイントをまとめて並べておきますね。

  • スマホはAndroidを使ってる!・・・Tile Pro
  • 探せる範囲が広い方がいい!・・・AirTag
  • 本体に直接リングや紐を通したい!・・・Tile Pro
  • 離れたらスマホに通知してほしい!・・・AirTag
  • 本体からスマホを鳴らして探したい!・・・Tile Pro
  • アカウント作成したくない!・・・AirTag
  • 本体から鳴る音は大きい方がいい!・・・Tile Pro
  • アプリを増やしたくない!・・・AirTag

お値段にも違いはありますが、どちらも機能に見合ったコスパの良い価格だと私は思いますよ。

実際はAirTagTile Proも公式価格より数百円〜千円くらい安く買うことが可能です。

セールやポイント還元を抜きに安定して安く買える方法を別記事でそれぞれまとめているので、ぜひそちらも見てみてくださいね!

さがにゃん
さがにゃん

どこを重視するか次第だね。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

どちらも電池交換は可能だよ。

AirTagが3998円(楽天市場) 最安で購入したい!AirTagマニアが安く買う方法を解説 Tile Proの価格(Amazon) 最安で購入したい!Tile Proを安く買う方法をタイルマニアが解説

↑もくじに戻る