Tile Slimとは?タイルスリムの4つのメリットと8つのデメリットを具体的に紹介

2枚のTile Slim

こんにちは!さがろぐです。

お財布や定期入れに挿せるタイプを探していますか?

なんと厚さはわずか約2.5mmなので、うすうすタイプがほしいならピッタリですよ!

機能面・デザイン面価格面を含めて、本記事ではTile Slimの強みと弱点を具体的に紹介します。

さいごに「ここを重視ならSlimがピッタリ!」というポイントもまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

さがにゃん
さがにゃん

Tileシリーズで唯一のカード型。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

ちゃんとボタンも付いているよ。

ずばりメリットはこれ!Tile Slimの4つの強み

はじめに、強み・メリットから見ていきましょう。

他の製品と比べてTile Slimが強いポイントは4つあります。

ずばり以下の4つですよ!

カード入れなどに収納して使いたいなら、やはり薄さは命ですよね。

それぞれの強みを順番に紹介していきますね!

財布や定期に入る薄さ

まずは「薄さ」です。

Tile Slimの最大の強みですね。

2022年版について言えば、わずか厚み2.5mmというスリムボディなんですよ!

真横から撮影したSlim
真横から撮影したSlim

2020年版だとさらに薄い2.4mmとなっています。

MateProStickerは6〜8mmくらいなので、SlimはTileシリーズの中で圧倒的に薄いです。

さすがにキャッシュカード・クレジットカードの国際規格である0.76mmほど薄くはありません。

でも、Slimをお財布や定期入れに収納しても特に気になることはないと思いますよ。

さがにゃん
さがにゃん

シリーズ唯一のカード型!

↑もくじに戻る

最新版は電池寿命が最大約3年

お次は電池寿命についてです。

2020年版も2022年版も、Slimは電池内蔵型となっています。

ずばり最大約3年という想定利用期間となっていますよ。

電池寿命
電池寿命

Tileが発売され始めたときの初期モデルは約1年でしたからね。

それを思うと、すばらしく長持ちするようになりました。

2022年版について言えば、Mate・Stickerも電池寿命は同じく3年となっています。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

Proは電池交換式!

↑もくじに戻る

限定モデル・限定カラーがある

続いての強みは「限定版」です。

Tile Slimは限定モデル・限定カラーがあるんですよ。

例えば以下のようなものがあります。

限定モデル・限定カラーのTile Slimの例
  • いちご模様
  • ヨット模様
  • セージ色
  • サンド色
限定モデル(Slim)
限定モデル

他には天体模様や宇宙飛行士のデザインの限定モデルもありますよ。

同じTileでもStickerにはこういった限定モデル・限定カラーはありませんからね。

Stickerに比べるとSlimの強みの1つです。

Mate・Proには限定モデル・限定カラーもありますよ。

さがにゃん
さがにゃん

セージは緑、サンドは黄色っぽい色だよ。

↑もくじに戻る

スマホを鳴らせる

ラストの強みです。

4つ目は「スマホを鳴らせる」です。

Tile Slimにはボタンが付いています。

そのボタンを押せば、連携させたスマホを鳴らすことができるんですよ!

音を鳴らすためのボタン
音を鳴らすためのボタン

これはSlimに限らず、Pro・Mate・Stickerにもある機能です。

でも探し物トラッカー全体で見るとTileくらいしか持っていない強みなんですよ。

例えば有名どころだとAirTagMAMORIOにはボタンはありませんので。

以上がTile Slimの強みだと覚えておいてください。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

スマホがミュート中でもでっかい音で鳴るよ。

↑もくじに戻る

Tile Slimの8つの弱点・デメリットとは?

強みがわかったところで、お次は弱点・デメリットを見てみましょう。

他の製品と比べると、どうしてもSlimには苦手な部分がいくつかあります。

以下の8つは弱点と言えるでしょう。

薄型のカードタイプなので、電池交換できないしキーホルダーなども付けられないんです!

それぞれの弱みを順番に紹介していきますね。

Mateほど安くない

まずはお値段についてです。

Tile全体の中では、Slimは基本モデルのMateほどは安くありません。

現行の4つのシリーズの価格を並べると以下のようになっています。

公式オンラインストアでのTile本体の価格(現行4モデル)
  • Slim・・・税込5,780円
  • Mate・・・税込3,980円
  • Pro・・・税込5,780円
  • Sticker・・・税込4,680円
Tile4モデルの価格表
Tile4モデル(2022)の価格表

安い順に並べると、最安は基本モデルのMateですね。

Mateとの差は1,800円となっています。

その次はボタン型のStickerです。

SlimはProと同じく最も高級品となっていますよ。

さがにゃん
さがにゃん

Amazon楽天市場ヤフーショッピングならもっと安く買える場合が多いよ!

↑もくじに戻る

キーホルダーを付けられない

お次はキーホルダーについてです。

Tile Slim本体には穴が開いていません。

だからキーホルダーを付けることはできないですよ。

Pro・Mate・Slimの比較
左:キーホルダーに付けたProとMate,右:付けられないSlim

もともと「スリムなカードタイプ」というコンセプトですからね。

お財布や定期入れに差し込むのを想定しているので、リングを通す穴は作らなかったのでしょう。

キーホルダーやストラップを付けたいならMateProが向いていますよ。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

自分で削って穴を開けるのはやめておこうね。

↑もくじに戻る

電池交換できない

続いては電池交換についてです。

Tile Slimは自分で電池交換はできないので覚えておいてください。

それは2020年版も2022年版も同じです。

電池交換不可
電池交換不可

Stickerと同じく最初から電池が本体の中に組み込まれている電池内蔵型となっています。

電池が切れたらおしまいの使い切りタイプですよ。

自分で電池交換したいならProか2020年版までのMateを選びましょう。

さがにゃん
さがにゃん

2022年版のMateは電池交換不可。

↑もくじに戻る

基本モデルの色は黒だけ

デザイン面についても見ておきましょう。

お次は「基本モデルの色は黒だけ」です。

限定モデル・限定カラーを除けば、通常のSlimで選べるカラーは黒だけとなっています。

Tile SlimとTile Mate(白)
Tile Slim。奥に白いのはTile Mate

その点はStickerと同じですね。

実はMateProは黒だけでなく白も発売されています。

「どうしても白がいい!」というならMateかProを選びましょう。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

限定カラーならセージ色やサンド色もある。

↑もくじに戻る

アクセサリーが少ない

もう1つデザイン面についての弱点です。

MateやProに比べると、Slimはアクセサリーが少ないです。

例えばMateやProには専用のシリコンケースがありますので。

mateの場合
Mateの場合

そういったオシャレアイテムはSlimにはありません。

まぁ、Slimはお財布や定期入れに差し込む用の形になっていますからね。

着せ替えなどを楽しみたいならばMateProがいいでしょう。

さがにゃん
さがにゃん

Stickerも専用ケースはないよ。

↑もくじに戻る

Proほど音量が大きくない

お次は本体の性能についてです。

スマホでTileアプリからSlim本体を鳴らすことができます。

でもSlimが鳴る音量はProほど大きくはないです。

音量
音量

実は本体の鳴るボリュームには差があるんですよ!

公式サイトによると、シリーズの中でProだけが「最も大きい」となっています。

SlimはMate・Stickerと同じく「大きい」という表現になっていますよ。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

実際にSlim・Mate・Stickerは同じくらいの音量に感じるよ。

↑もくじに戻る

Proほど接続距離が長くない

もう1つ、Proと比べた場合のデメリットです。

SlimはProほど接続距離が長くありません。

現行の4シリーズの2022年版を並べると、以下のようになっていますよ。

Tileの最大接続距離(2022年モデル)
  • Slim・・・約75m
  • Mate・・・約75m
  • Sticker・・・約75m
  • Pro・・・約120m
接続距離
接続距離

そう、Proだけが長いんです!

音量と同じく、SlimはMate・Stickerと同じ基準となっていますよ。

なるべく長い接続距離がほしいならProがいいでしょう。

さがにゃん
さがにゃん

ちなみに初期Tileは45m。

↑もくじに戻る

やや重い

ラストの弱点です。

8つ目は「やや重い」ということです。

2022年版のSlimは15gとなっています。

Tile Slim(2022年版)
Tile Slim(2022年版)

2020年版もほぼ15gです。

これは現行4シリーズの中でもっとも大きい数値となっています。

とにかく軽い方がいいというならStickerが向いているでしょう。

まぁ、それでも10gちょっとなので大した重さではないですけどね。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

14gは500円玉が2枚分の重さ。

↑もくじに戻る

まとめ:Tile Slimが向いている人の特徴

さいごに、「ここを重視するならSlimがピッタリ!」という人の特徴をまとめて並べておきますね。

ここまで紹介した強み・弱みを踏まえると、以下のポイントを重視するならTile Slimがおすすめですよ!

  • お財布や定期入れに差し込みたい!
  • なるべく薄いのがいい!
  • 電池寿命が3年あるなら使い捨てでok!
  • キーホルダーは付けられなくていい!
  • 予算は4千円台までok!

やはりSlim以外はお財布や定期に入れるのは厚さ的に厳しいですからね。

カード入れのところにサクッと入れたいならばSlim1択ですよ。

さがにゃん
さがにゃん

だいたいクレカ3枚分くらいの厚さ。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

お財布を追跡できるのはうれしい!!

↑もくじに戻る