探すやり方はこう!AirTagを失くしてから見つけるまでの手順

探すアプリで地図表示したAirTag

こんにちは!さがろぐです。

もうAirTag探しは慣れましたか?これから初めてですか?

大きく分けて、やり方は地図で探す音を鳴らすかの2つです。

iPhone・iPadやMacからすぐできるので、よ〜く手順を覚えておきましょう!

本記事では、以下の内容で「AirTagを探すやり方」について具体的に紹介しますね。

さがにゃん
さがにゃん

何かアプリを入れる必要はないよ。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

最初から入ってる!

もくじ(タップすると各章に飛べます)

目で見てAirTagを探す手順

まずは視覚的な探し方から見ていきましょう。

目で見てAirTagを探す場合はApple社の「探す」ネットワークを使います。

具体的にはiPhone・iPadに最初から入っている「探す」アプリです。

「探す」アプリ
「探す」アプリ

AirTagを失くしてから見つけるまでの手順を追ってみましょう。

どこかでAirTagを落としてしまったとしますね。

するとそのAirTagの近くを通った誰かのiPhone・iPadなどに暗号化されたデータがBluetoothで送信され、それらの端末にネット接続してもらいます。

そうやって世の中にあるオンライン中のiPhone・iPadなどに協力してもらって「探す」ネットワークに位置情報を送る仕組みなんですよ!

mac版「探す」アプリでAirTagの現在地を表示
「探す」ネットワーク

持ち主であるこちらは自分のiPhoneやiPadで「探す」アプリを開きます。

「探す」アプリを開いたら「持ち物を探す」のタブを開いてください。

そこでAirTagの位置情報を地図で確認できますよ。

「探す」アプリで表示した登録済みAirTagの情報
AirTagの位置情報を地図で確認

これがAirTagを失くしてから見つけるまでの基本的な手順です。

「探す」アプリはMacから開いても大丈夫ですよ。

ただし「探す」ネットワークはiCloud.comのサイトでも地図を表示できますが、iCloud.comのサイトではAirTagの位置を見ることはできません。

そこは注意してくださいね。

さがにゃん
さがにゃん

AndroidスマホやWindowsのPCではダメってこと!

↑もくじに戻る

音を聞いてエアタグを探す手順

お次は聴覚的に探す手順です。

エアタグは音を聞いて探すこともできるんですよ。

それがサウンド再生の機能です。

サウンドを再生
サウンド再生

iPhone・iPadやMacで「探す」アプリを開いてみてください。

「持ち物を探す」のタブから目的のAirTagを開くと「サウンドを再生」という項目があります。

そこを押せばエアタグ本体から音を鳴らすことができるんですよ。

曇天の切れ間の晴天と鈍色に輝くエアタグ

あまり大きな音ではないですがピピッ・ピピッと音が鳴り始めます。

その音を頼りに探せるというわけですね。

このサウンド再生の機能はBluetooth通信で行われます。

だからエアタグ本体との距離が10m以内くらいのときに使える機能だと思っておいてください。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

同じようにiPhoneやiPadも鳴らせる。

↑もくじに戻る

まとめ

さいごに、今回の「AirTagを失くしてから見つけるまでの手順」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • 「探す」アプリで「持ち物を探す」を開く
  • 探し方1:地図上で位置を確認
  • 探し方2:音を鳴らして探す

基本的にはまずはとにかく地図をチェックです。

それで現在地を確認して、近くまで行ったら音を鳴らすという感じですよ。

さがにゃん
さがにゃん

スマホがAR対応ならそれも使える。

ろぐにゃん
ろぐにゃん

画面に矢印が出るやつ!

↑もくじに戻る